設置をしていく

自販機

自販機はいまや手軽に設置まで専門業者に依頼をすれば行なうことが出来ます。また多くのサービスが無料で行われるので安心です。まずは問い合わせて設置出来る自販機の種類などを確認していきましょう。

休憩スペースにも

自動販売機設置で副業になる

複数の飲料

町中や道路沿いなどでよく見かける飲料の自動販売機ですが、オフィスや個人で設置してお金を稼ぐことも可能です。サラリーマンの副業にも向いていると、最近では密かにブームになっています。リッチの良い場所に自動販売機を設置することができれば、不労所得になってくれて24時間稼いでくれます。自動販売機の設置方法には二つのタイプがあります。一つが、フルオペレーターというタイプで、自動販売機を置く土地とかかる電気代のみ負担し、後の飲料の補充や機器のメンテナンス等の全ての作業は業者にお任せします。売り上げから一定額を利益として受け取ることができます。もう一つがセミオペレーションタイプと呼ばれるもので、自動販売機の選定を行ってリースや購入して自分で設置し、飲料の仕入れから入れ替え等、全ての作業を自分で行う方法です。手間がかかる分利益は全て受け取ることができます。

マイナス面を考慮して運営しよう

注目を浴びている自動販売機設置ビジネスですが、メリットだけでなくやはりマイナス面をしっかりと理解した上で運営していく必要があります。フルオペレータータイプだと、手間はかかりませんが売り上げに対して一定割合の利益しか受け取れませんから、24時間の電気代よりも多く利益を出せないとマイナスになってしまいます。また、受け取れる額が少ないため、人通りの多いところに設置する等の立地のよさを考慮に入れる必要があります。一方、セミオペレーションタイプは、自分で仕入れて自分で売るという商売の一環となりますから、時間と手間がかかります。自動販売機の購入も自分が費用を負担しなければならないので、初期費用がかかるという点も考慮しておく必要があります。

電気も省エネに

飲み物

最近は環境資源に注目して対策をとっている人や企業も多くいます。自販機を取り扱っている業者でも、自販機設置で使用する電力を少なくできるような工夫をしているところも多いです。

管理も任せられる

投入口

オフィス内や会社の敷地内などに自販機を設置する場合は、空いているスペースを有効化することが出来ます。また、自販機に関する管理は飲料メーカー側が行なってくれますから手軽に始められます。